投稿

トリクルをクローズします

突然の発表ではありますが、この度、トリクルという、売りたいアイテムの出品代行サービスを終了する事にしました。スケジュール等に関しては下記をご覧ください。 サービス終了のお知らせ :  bit.ly/3hD549J 約2年の運営を経て、本当にたくさんの事がありました。今でも依頼が引っ切りなしな状況ですが、僕とチーム、Spiceが今持っている力では、当初描いていた未来が作れないと判断しました。 利用してくださった方、また、私たちを応援してくださっていた方々にこれまでの経緯や終了に至った理由などの説明が必要だと思い、久しぶりに筆を取りました。 サービスリリース時の想定 トリクルは、2018年5月頃にリリースをしました。 2018年の頭頃、ユーザーリサーチを30人程にご協力いただきました。 フリマアプリに自分で出品するのは面倒、でも買取に出すのもなあ、という心理がある事に着目し、「玄関で売りたいアイテムを渡すだけでフリマアプリに出品できる」みたいな事ができると、使われるんじゃないか?と思いサービスを作りました。 2018年の1月頃から簡易的なLPを作って、LINE@とFBメッセンジャーでテストをした結果、数十人の方に利用していただけて、1人あたり平均40~50点くらいの商品を依頼してくれました。思ったよりも平均出品点数が多く、「意外と皆売りたい物家に眠らせてるんだな〜」と感じたのを鮮明に覚えています。また、この点数を自分で出品するのは確かに既存のフリマアプリでは面倒だよね〜とも思いました。この時の平均出品点数は今も変わらず推移しています。 圧倒的に簡単な出品体験を トリクルは、1ユーザーに対して圧倒的に「簡単だ!!」と思える出品体験を提供したいと思い、サービスを作りました。物を売りたい思ったらいつでも気軽に呼べて、梱包等の手間無しに持って行ってくれて、よしなに売ってくれる。その結果が自分の期待値か、それ以上である。なので、また使ってくれるし、知人に口コミしてくれる。そんなストーリーを持ってはじめました。 なので、最初は自社でオペレーションをして、高いホスピタリティが提供できる仕組みを作る。それが出来たら倉庫事業者、物流事業者等にオペレーションを委託して規模を拡大する、そんな事を考えていました。 ユーザー宅への集荷オペレーションから、全ての商品に対応す